UGG(アグ)のお手入れとクリーニング方法

UGG(アグ)のお手入れしていますか?

冬になると温かくて人気の靴であるUGG(アグ)は羊の毛皮に毛伸し加工した素材でウールと同じように優れた吸収性があり湿気を逃す特製があるので蒸れることもあまりありません

 

UGG(アグ)やEMU(エミュ)の靴を最近では類似品など安価に購入する事ができるようになりとても人気があります
ですが、履きやすいことからどんな場所でも履いて行ってしまい汚れてしまう事が悩みですよね
そこで、自宅でもできるUGG(アグ)のお手入れ方法を紹介します

UGG(アグ)のお手入れ方法

事前に準備する物

  • タオル
  • 起毛皮革向けブラシ
  • 消しゴム
  • 防水スプレー

 

ブラシでやさしく汚れを落とす

 

起毛皮革専用ブラシのナイロンブラシ部分で表面に付いた汚れやホコリを落とす
部分的に付いた目立つ汚れはゴムブラシや金属ブラシで落とす
それでも落ちない場合は消しゴムで擦ると汚れが落ちる場合もあるのでオススメです
ですが、強く擦りすぎると生地が薄くなってしまう恐れもあるのでご注意ください

 

全体を水拭きで汚れを落とす

 

タオルに水を染みこませ、おしぼりより水を含んだ状態に軽く絞ります
水分が多すぎると靴を濡らしすぎてしまうので少し硬めに絞りましょう

 

利き手でタオルを持ち、片方で靴を持って擦るように拭きます
UGG(アグ)は強い素材なので多少強めに拭いても大丈夫です
靴の種類によっては染料が落ちる物もありますが、特に気にせずに拭いてください
靴の内側やかかと部分は特に汚れている場合があるのでよく拭きましょう
水拭きした後は、陰干しで自然乾燥してください

 

ブラッシングで毛並みを整え仕上げのスプレー

 

乾燥し終わると最後の仕上げはナイロンブラシで全体をブラッシングします
寝ていた毛が起きると見た目の色が濃くなるので全体的に濃い色になるとブラッシング完了です
起毛させたら最後にUGG(アグ)でも使用できる防水スプレーを吹きかけて完了です

スエードを長持ちさせるために知っておきたいブラシの使い方

起毛皮革専用ブラシは4種類の使い方ができる多機能タイプのブラシがおすすめです
特に必要なのがナイロンブラシ・ゴムブラシ・金属ブラシで、それぞれの使い方やコツを紹介します

 

ナイロンブラシは「こする」

ナイロンブラシの使い方は革の表面を前後左右に軽くブラッシングします
靴の表面に付いたホコリや汚れを落としましょう
もし、ナイロンブラシが無い場合は硬すぎない歯ブラシで代用できます
全体の毛並みを整える場合もナイロンブラシでなでるだけで色が濃くなりムラを防ぐことが出来ます

 

ゴムブラシは「押し当てる」

靴の表面に付いてしまった頑固な汚れはゴムブラシを革に押し当てることで汚れを落とすことができます

 

金属ブラシは「回転させる」

金属ブラシで寝てしまった毛を起こすことが出来ます
ポイントは擦るのではなく、手首をスナップ効かせて回転させることで、毛の間に入り込んでしまった汚れも落とすことが出来ます

自宅でのお手入れで落ちない場合はクリーニングが効果的

お気に入りのUGG(アグ)を長く綺麗に大切に使用するには定期的なメンテナンスが必要です
自宅でのお手入れで綺麗さを維持できるのであれば問題がありませんが、自宅でのお手入れでも汚れが落とすことが出来ない場合や自宅でお手入れをする時間が無い方には靴のクリーニングが便利でお得です

 

衣類のクリーニング店は一般的で皆さんご存じかと思いますが、最近では靴のクリーニングが人気です
靴のクリーニング専門店のほとんどが宅配に対応しているので、靴をお店に持って行かなくても自宅から宅配業者に渡すだけです
しかも靴のクリーニング店はお店によっては靴の保管サービスも行なっているのでUGG(アグ)など冬にしか履かない靴は、シーズンの最後にクリーニングに出して次のシーズンまで保管して貰う事もできます
自宅で保管しておくとホコリが付いたり湿気でカビが生えることもありますが、保管サービスでは適切な保管方法で保管してくれるのでそのような心配もありません是非、1度利用してください